2018.10.22
NETA 小ネタ

富山県は年間12日間しか“快晴”にならない!?その理由とは..

みなさんこんにちは。

Freenaviとやまの早月です。

 

昨日(2018年10月21日)、富山は珍しく突き抜けるような晴天でしたね。

 

前日には、どんよりした天気の合間に大きな虹が見られましたが、みなさんは見ることができましたか?

 

冬は特に曇天が多く、雨が降り、雪が降る富山県。湿気も多く、とにかく快晴に恵まれません。

 

快晴と晴れは違うの?

 

突然ですが.. 皆さんは、快晴の定義をご存じですか?

 

気象庁の予報用語によると快晴と晴れの違いは、雲量の違いにあります。

 

快晴:雲量が1以下(0か1)

晴れ:雲量が2〜8まで

 

と、明確に違いがあります。

※雲量とは空の全天に対する雲の割合

 

日本一快晴の多いところは?

 

快晴日数の多い県の1位は埼玉県です!

 

2位宮崎県、3位高知県、4位静岡県と続いています。埼玉県が宮崎県や高知県を抑えるとは意外ですね。

富山県はいったい何位なの?

 

我らが暮らす富山県の順位は..

な、な、な、なんと

 

39位です!!

 

期待通りの結果ですね(泣)

 

快晴の日は1年のうち、12日間だけです。

 

超少ないですね。

 

 

お隣の石川県は35位(年間快晴日数14日間)だそうです。

 

北陸にとって快晴はとても貴重と言えますね。

 

沖縄が富山より天気が悪い?

 

なんと42位にあの沖縄がランクイン!?

 

なぜなのでしょう?

 

沖縄といえば、太陽が輝き青い海に青い空、白い砂浜。というのが共通のイメージだと思いますが、実際は亜熱帯気候である沖縄は高温多湿で年間の降雨量は2000ミリを超えるようです。(沖縄県は富山県を凌ぐ降雨量のようです!)

 

富山県が天気が悪い理由

 

基本的に寒い時に吹く北風。北から吹く風は日本海の湿気を含み、中央アルプスを超える時に湿気を放出していきます。その時に雨や雪として日本海側に吐き出していきます。

 

簡単にいうと、日本海側から吹きつく冷気は、立山にぶつかって、富山県側には雪がドサッと降り、乾いた温かい風は、関東に流れ込み関東は晴天に恵まれます。

 

埼玉県の快晴日数1位(55日)は富山県のおかげと言っても過言ではないと言えますね(爆)

 

富山の情報屋 早月さん

富山生まれ富山育ち、大好物はお寿司。女子らしくツンとしたりデレっとしたりなかなか忙しいOL。

Twitter:Follow me
LINEスタンプ:Buy me

この記事の投稿メディア
MEDIAメディア
EVENTS イベント
2019.05.20
立山連峰の麓でクラフトフェア!『立山craft』5月25日(土)26日(日)に開催!!
立山連峰の麓でクラフトフェア!『立山craft』5月2...
EVENTS イベント
2019.05.19
【若鶴】北陸唯一の蒸溜所からこだわりのクラフトハイボールが誕生!さっそく飲んでみた!
【若鶴】北陸唯一の蒸溜所からこだわりのクラフト...
EVENTS イベント
2019.05.18
本日最終日!!【富山市】迫力満点のぶつかり合い!!『岩瀬曳山まつり』5月17日(金)・18日(土)に開催!
本日最終日!!【富山市】迫力満点のぶつかり合い...
KEYWORD人気キーワード
RANKING人気記事ランキング
GENERAL USER一般ユーザからの投稿