2020.01.19
GOURMET グルメ

《2020年版》富山県民のソウルフード「糸庄」マニュアル改を作成してみた

 

みなさんこんにちは。
Freenaviとやまの早月です。

富山の寒い冬が刻々と近づいており、周りを見渡せばコートに身をまとい出勤する方々もたくさんいますね。私も、厚手のタイツに靴下と完全防備で出勤しています。

本日は、寒い冬に必ず食べたくなる富山県民のソウルフードを紹介します。

糸庄マニュアル

 

煮込みうどん、もつ煮込み「糸庄」富山県民なら誰もが知っている冬のソウルフード「糸庄」。ランチタイムには平日にもかかわらず、行列が出来る程の名店です。

 


「糸庄」に行ったことがない方には.. 私が勝手に作った「糸庄」マニュアル(下記参照)をご覧ください。

食券を購入する

 

まずは、食券を購入しよう!!名物である「もつ煮込みうどん」を購入。 他にも、各うどんがありますが.. 9割方「もつ煮込みうどん」です。 職人さんは、来店されるお客さんを先読みし「もつ煮込みうどん」を作っています。

 


なので..
変化球で、「わかめうどん」を頼むと嫌がられます。

ライスも忘れてはいけない

糸庄の「もつ煮込みうどん」は、ライスによく合います。濃厚スープをすすりながら食べるライスは、格別です。

 

※食券機の料金は、過去の料金記載となっています。現在の料金表は次の項目でご紹介します。

料金表

 

うどん

もつ煮込みうどん:900円
カレーもつ煮込みうどん:930円
鍋焼きうどん:720円
天ぷらうどん:880円
海老うどん    :860円
カレーうどん:860円
牛鍋うどん    :1,030円
とりうどん    :860円
かにうどん    :890円
わかめうどん:860円

冷やしそうめん:590円
冷やしうどん:690円

 

単品メニュー
ライス:170円
ライス(小):130円
生たまご:70円
つまみビールセット:1,240円
もつつまみ    :690円
塩するめ:430円
漬物盛合せ:450円
かまぼこ:400円

満席時には相席になる

 

混雑時は、他人と相席させられることもある..店内は超満員。ピーク時は、行列が出来ることもあります。その為、効率的にお店を回転させる為に、テーブル席では相席を求められることがあります。

 

職人技

 

豪快に煮込まれる土鍋を職人さんが「あ〜らよっと!!」次々に仕上げていく
職人さんが、煮込み具合を1つ1つチェックするのだが.. その手つきが鮮やかで目を奪われます。素人だと絶対に火傷しますよコレ..

なぜか.. ライスが早くやってくる

 

なぜ!? いつも早くやってくるライス..「もつ煮込みうどん」+「ライス」を頼むと、必ず先に「ライス」がやってきます。その後すぐに、「もつ煮込みうどん」が来るのかなぁ.. と思っていたのだが.. 3分.. 5分.. 「もつ煮込みうどん」が来ない。「ライス」がどんどん冷めていく... と思った時、「もつ煮込みうどん」が登場!!

 

 

偶々なのかなぁ〜と、思っていたのだが.. 「糸庄」ではコレがスタンダードです。

 

「ライス」が極端に早くやってくる理由はいったい何故なのか.. !? 気になります。

 

味の感想

 

熱々の土鍋で提供される「もつ煮込みうどん」ゴロゴロと乗ったモツは、柔らかく煮込まれておりモツ独特の風味にニンニクと辛味の相性はバッチリ!!

熱々の味噌スープは、奥行きを感じるような深みがあり、1口..2口..3口.. ずっと飲み続けたいぐらい美味しいです。

 

 

「糸庄」のうどんは、ツルっと滑らかな仕上がり太めの平打麺は、噛むとしっかりとしたコシがあり、最後まで麺が伸びることなく食すことが出来ます。

頭皮から汗が止まらない..
それでも、うどんをズルズル〜っと頬張るのが糸庄流!!

 

 

「かまぼこ」、「海老天」も忘れてはいけない
富山名産である赤渦巻き「かまぼこ」に、小振りな海老天。土鍋に煮込まれスープの味が染み込んみ、いい感じのアクセントになっています。

海老天は、ほとんど衣なのですが..  これもまた糸庄なんですよね〜(笑)

持ち帰りも可能

 

「糸庄」は、持ち帰りも出来る!!家庭で楽しんでいただけるよう、糸庄では家庭で作れる「もつ煮込みうどん」も販売されています。《注意》土鍋で持ち帰れるわけではありません。

アピタ富山店の糸庄との違い

アピタ富山店の糸庄は、のれん分けになる為 本家の味を引き継いだ本物となっています。

 

少し味が違うような.. といった声を聞いたことがあったので本家糸庄の方に尋ねたところ2つ違いを教えていただきました。

 

1つ目:本家は井戸水を使用しており、分家とは水質が違うこと

 

2つ目:本家のスープは職人目分量で、分家はしっかり計量されている

 

本家のスープが目分量だったとは..

 

本家は、スープが煮たっており濃厚で美味い!!といわれています。是非、本家・分家2つを食べ比べをしてみて、自分好みの糸庄を見つけてみてください、。

 

店舗詳細

 

富山名物B級グルメ「糸庄」1度食べてみたくなりませんでしたか!?是非、富山市にお越しの際は「糸庄」を食べてみてくださいね。

 

煮込みうどん、もつ煮込み「糸庄」

[営業時間]
ランチ:11:30〜15:30 LO15:00
ディナー:17:00〜24:00 LO23:30

休日:火曜日

住所:富山県富山市太郎丸本町1-7-6

電話:076-425-5581

富山の情報屋 早月さん

富山生まれ富山育ち、大好物はお寿司。女子らしくツンとしたりデレっとしたりなかなか忙しいOL。

Twitter:Follow me
LINEスタンプ:Buy me

この記事の投稿メディア
MEDIAメディア
GOURMET グルメ
2020.04.02
«2020年»富山県民が選ぶ!!絶対に外さない味噌ラーメン5選
«2020年»富山県民が選ぶ!!絶対に外さない味噌ラ...
NETA 小ネタ
2020.03.30
【富山県】さくら満開予想2020を勝手に予想してみた
【富山県】さくら満開予想2020を勝手に予想し...
GOURMET グルメ
2020.03.18
«2020年»富山県民が選ぶ!絶対に外さない「激うまカツサンド」5選
«2020年»富山県民が選ぶ!絶対に外さない「激うま...
GENERAL USER一般ユーザからの投稿