2019.02.11
GOURMET グルメ

“どら焼き”こそ富山県民のソウルフード?進化した中尾清月堂の裏側へ潜入してみた。

「富山県民のソウルフードは何?」

あなたなら何と答えますか?

 

私はブリと答えます、ぎょーざです。(餃子と言いたいけれど!)

他にも白エビやブラックラーメン、ます寿司...いろいろあってどれを選ぶか迷いますよね。

 

それではお菓子に限定すると、何と答えますか?

 

富山県民の意外なソウルフード

実は「どら焼き」こそ富山県民のソウルフードだということを知っていましたか?

確かに富山県にゆかりのある「ドラえもん」でもお馴染みのお菓子。

 

その他にも、ソウルフードといえる理由があったんです!

 

半端ない消費量

お祝いや法事の際に出番が多いイメージがありませんか?

あの人もこの人も、みんな持ってきてくれたのはどら焼きだった!そんな経験をした富山県民は何人もいるはず。

実はこの光景は他の都道府県ではあまり見られないんだとか。

富山県民には定番中の定番のお菓子ですが、ここまで定着しているのは富山県が1番かもしれません。

 

高岡市の老舗和菓子店の中尾清月堂さんによると、どら焼きは1日約2000個も売れているとのこと!毎日2000個売れているとなると、1年で70万個以上のどら焼きが消費されているのと同じ。富山県内で、そして中尾清月堂さんだけでこの量です。

やはりどら焼きは富山県民のソウルフードといっても過言ではありません!

 

「中尾清月堂」って?

富山県民ならご存知の中尾清月堂さんについて少しおさらいをしておきましょう。

明治2年、高岡市で創業した中尾清月堂さん。

季節のお菓子や定番の和菓子など多くの商品が生み出されていますが、やはり一番の人気商品はどら焼き『清月』です。

 

その美味しさもさることながら、前提にしているのは「安心安全であること」

安心安全をベースに確かな技術があるからこそ、長年愛され続けているのかもしれません。

 

いま改めて注目されているのが、一番人気のどら焼き!しっとりとした甘い粒あんをふかふかの生地で包み込む、永遠の人気商品ですよね。

中尾清月堂さんの進化したどら焼きが、県内外から注目を集めているんです!

 

今回そんな美味しいお菓子を作り続ける中尾清月堂さんの工場に潜入しました!

 

工場へ潜入捜査!

工場見学にワクワク

白衣や帽子を身に着け、工場の入口へ。

安心安全の品質へのこだわりはここから始まります。

しっかり1分間手洗いをし、軽く拭いてから殺菌効果のあるハンドドライヤーで乾かします。

 

お菓子の材料がたくさん並んでるな...と感心していたら、取材時はまだ材料が少ない方だとのこと。さすが富山を代表する老舗和菓子屋さんですね!

さらに材料はいつも約3日分だけを置いているんだとか。安心安全の徹底はここでもわかりますね。

 

これはなんと、自動で卵を割ってくれる機械!白身と黄身を分けることもできる優れものだそう。

 

割られた大量の卵はこのように食品用の袋でまとめて、それぞれ調理する部屋へ持っていくんです。

こうして透明な袋に入れることで、万が一ゴミや殻が入っていてもすぐにわかるようになっています。

 

そして調理用の使い捨て手袋は青色になっているのにも理由が。

食欲を減退させる色でもある青色は料理にはなかなか使われません。だから異物が見つけやすい。

安心安全が徹底されていてさすがすぎます!

手焼きのどら焼きに興奮

じっくり工場を見学させていただくと、やっぱりできたてのどら焼きを食べてみたくなる...!

私の深い欲望を見透かしたかのように、中尾清月堂さんが手焼きでどら焼きを作ってくださることに!♡

 

生地を注いで...

ふつふつしたらひっくり返して...

 

熟成されたこだわりの餡を乗せて...

 

いっただっきまーす!!!(どら焼き色の私のネイルが剥げかけなのはご愛嬌)

 

なんじゃこりゃ~~~~!期待を超える美味しさ!!!

職人のみなさんはこんなに美味しいどら焼きの味を知っていたんですね...。

せめて温かいどら焼きをおうちでも食べたい...!!

 

ホットドラバターが激ウマとのウワサ

そんな願いを叶えてくれる画期的な商品が中尾清月堂さんから販売されていました!え、神ですか???

激ウマだということで富山県内外で話題になっているんだとか。

 

それがこの「ホットドラバター」!!!

小豆あんとバターの「オリジナル」、「クリームチーズ」、「アーモンドチョコ」の3種類のお味です。

デザインもおしゃれで、今までのどら焼きの概念が早くも覆されます!

 

食べ方

もちろんこのままではできたてのような温かさがありません。

食べ方もちょっと工夫が必要なのです。

ということで、まずは袋をちょっと破ります

 

次は電子レンジでチン

「オリジナル」と「アーモンドチョコ」は500Wで30~40秒、600Wで25~35秒

「クリームチーズ」は500Wで25~35秒、600Wで20~30秒

なんとな~く温めるのはご法度!この秒数が一番おいしく食べられるんだそう。

 

準備は完了!

見た目はいつものどら焼きですが、一体どんな味になっているのでしょうか?!

 

実食!

まずは「オリジナル」からいただきます。

中を割ってみると、バターがじゅわっと生地に染み込んでいる...!!

溢れてお皿に垂れてしまうほどバターたっぷり。

 

気になるのはその味。

...美味しすぎました。最高。

生地はよりしっとりと。餡はさらにみずみずしく

バターと餡は運命の相性!あくまでも餡が主役としてバターが美味しさを引き立てます。

小さなパンケーキを食べているようで、ペロッと完食できます!

 

続いては「クリームチーズ」。

爽やかな酸味が甘い餡と合う~~~!

とろっとしたバターがクリームチーズと餡の味わいをまろやかに繋いでくれます。

 

「オリジナル」とはまた別物の美味しさに感じます。

なぜならバターは独自の組み合わせと配合で、3種類それぞれ違う味なんです!

ここまで計算しつくされていとは驚きです!

 

最後は「アーモンドチョコ」。

溶けたチョコレートがとろっとろ!和と洋の甘さはどう合わさるのか...?

 

はい、美味しい!

チョコレートが濃厚だからこそ、餡の落ち着いた甘みとの違いがはっきりわかります。

アーモンドのカリカリ食感も楽しい~!

そしてバターは「オリジナル」や「クリームチーズ」とは異なり塩気が強め。

より一層チョコレートと餡の甘さが引き立ちます!!

 

まとめ

富山県民のソウルフード、どら焼き。

中尾清月堂さんでは徹底された安心安全のもと美味しさを追求しているから、これほど馴染み深いものとなっているのでしょう。

そしてどら焼きの新しい形を考え続け、今後は富山県外でもあの美味しさを届けてくれることに期待してしまいます!

ネット注文もできるので、みなさんぜひ中尾清月堂さんのお菓子を味わってみてくださいね。

 

店舗情報

「中尾清月堂 高岡本店」

住所:富山県富山県高岡市宮田町2-1

営業時間:8:00 ~ 19:00

定休日:水曜日

電話番号:0766-25-0514

 

この記事の投稿メディア
MEDIAメディア
NETA 小ネタ
2019.10.16
富山県民が選ぶ!!絶対に満足できる「紅葉スポット2019」5選
富山県民が選ぶ!!絶対に満足できる「紅葉スポッ...
GOURMET グルメ
2019.10.01
来るたびに新しいワクワクを。陶芸家が開くギャラリー&カフェ&アトリエ「Sisu」
来るたびに新しいワクワクを。陶芸家が開くギャラ...
GOURMET グルメ
2019.07.15
[富山市]初めてのお酒と料理に出会える!好奇心そそる大人の秘密基地「葷酒山門」
[富山市]初めてのお酒と料理に出会える!好奇心...
GENERAL USER一般ユーザからの投稿