2018.10.02
GOURMET グルメ

「豆古書店」ママになったあの子に教えたい。子連れ歓迎の古絵本カフェ。

みなさんこんにちは。

最近周りで結婚出産を経験していく同世代の女の子が増え、若干の焦りを感じるぎょーざです。だがしかし!すごくおめでたいし、嬉しい。

みんな幸せになってね~~~!

 

そんなわけで、仲良しの子がママになっても、時々どこかおしゃれなカフェでおしゃべりできたらいいな...なんて思うんです。

“子連れでカフェ”って、お店や他のお客さんに迷惑をかけそうで遠慮するママも少なくはないのでは?

今回は、子連れでも気軽に行けちゃうカフェに取材をさせていただきました!富山のすべてのママにご紹介します。

子連れ歓迎「豆古書店」

それがこちら。大泉町にある、古絵本が楽しめるカフェ「豆古書店」さんです。

青と赤と白のトリコロールがおしゃれ。懐かしい黒板も目印になります。

古絵本に溢れる店内

店内はたくさんの絵本に囲まれています。

小学校にあったみたいな懐かしい椅子にもほっこり。

古絵本の買い取りや販売も行っていて、100円から500円というお手頃な価格。

これならたくさん買ってもお財布に優しいから、手に取りやすい!

借りてもいいけれど、破ってしまうこともあるから、やっぱり買ってあげたいのが親心。

この方が店主さん。お客さんから頂いたパンダの被り物で登場してくれました(笑)

(「豆古書店」という名前は、店主さんのあだ名“まめこ”“古書店”を掛けたんだそうです。)

 

「小さなお子さんは読む以外の楽しみ方をたくさん知っています。それは紙ベースに触れないと味わえない楽しみだと思っています」

今はスマホやタブレットでも絵本が読める時代だからこそ、紙の絵本の存在は大切にしたいですよね。

子連れに嬉しい仕掛け

店内には子連れに嬉しい仕掛けがいくつもあります。

まずこちらはキッズスペースです。

子どもがここで遊んでいる間は、大人はゆっくりカフェでの時間を過ごせます。

ハロウィンの時期の取材だったため、壁にはこんな飾りつけが施されていました。

このおばけたちは、お店に来た子どもたちが描いたんだそう。

絵本やおもちゃに飽きてしまっても、お絵描きの時間があればまだまだ大人もゆっくりできそう!

この柱も近くで見ると...

子どもたちの成長の記録がびっしり!

子どもを連れて来るたびに、どれだけ身長が伸びたかな…なんて測ってみては?

月に1度ほどイベントが開催されることも。

店内のコンクリートの床を落書きスペースとして開放したり、ホットケーキを積み重ねた数を競ったり、ワクワクする企画なのでチェックしてみてください♩

楽しいのは子どもだけじゃない!

ここまで聞くと、楽しいのは子連れだけ?と思われるかもしれません。

しかし子どもだけでなく大人同士でも楽しめちゃいます!

 

...あっ!あの本、小さい頃読んだ!

なんて思い出も自然とよみがえってくるんです。

私のテンションが一番上がったのはこちらの絵本。パン屋さんにうまれた4羽のカラスの子どもたちの物語「からすのパンやさん」

…と思いきや、その続編「からすのおかしやさん」

今も家に残してあるくらい大好きだった絵本に続編があったなんて、知らなかった!

実は現在では4つの続編が出ていて、4羽のカラスたちのその後のお話なんだそう。

 

どんな絵本を読んで育ったか、語り合うのも楽しそうですね。

人気メニュー

自家製プリン―300yen

こちらはお店自家製のプリンです。

最近はなめらか系のプリンが主流ですが、ここで味わえるのはかための質感

卵の風味を感じながらも、しつこくない甘さが広がります。

古絵本で童心に帰りながら、味覚でも懐かしいあの頃を思い出せそう!

ホットケーキ(チョコチップ)―400yen

チョコチップが入ったホットケーキも忘れられません。

さりげない笑顔に胸がキュンとしてしまう♡こんな遊び心も素敵です。

一口サイズのものが5,6枚積み上げられていて食べやすいのが魅力的!

普段あまりスイーツを食べない人や子どもでも、この大きさなら無理なく食べられそう。

チョコチップとプレーン、チーズの3種類のホットケーキは卵不使用に変更することも可能なのでアレルギーでも安心です。

スイーツを食べるならコーヒー(400yen)も一緒にいかが?

コーヒー以外にも豆乳と麹を使ったドリンクなど豊富に揃っています。

フードメニューなら野菜を使ったホットケーキやランチもあるので、要チェック!

まとめ

お客さんの8割ほどが子連れなんだとか。子どもが騒いでもお互い様。気兼ねなくママもカフェでおしゃべりができそう!

週1で通うリピーターのお客さんもいるそうで、取材中にも店主さんと仲良しのお客さんがいらっしゃいました。

小さなお子さんから大人まで幅広い層が絵本や食事を楽しめる、のんびりできる空間です。

絵本が好きな方も、たまには友だちとおしゃべりしたいママさんも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

店舗情報

住所: 富山県富山市大泉町1丁目7-14

営業時間:10:00~17:00

     (ランチタイムは11:30〜14:00頃。数量限定のため、なくなり次第終了)

定休日:月曜(臨時休業有)

電話番号:076-413-2264

駐車場:有

この記事の投稿メディア
MEDIAメディア
NETA 小ネタ
2019.10.16
富山県民が選ぶ!!絶対に満足できる「紅葉スポット2019」5選
富山県民が選ぶ!!絶対に満足できる「紅葉スポッ...
GOURMET グルメ
2019.10.01
来るたびに新しいワクワクを。陶芸家が開くギャラリー&カフェ&アトリエ「Sisu」
来るたびに新しいワクワクを。陶芸家が開くギャラ...
GOURMET グルメ
2019.07.15
[富山市]初めてのお酒と料理に出会える!好奇心そそる大人の秘密基地「葷酒山門」
[富山市]初めてのお酒と料理に出会える!好奇心...
GENERAL USER一般ユーザからの投稿