2018.05.16
EVENTS イベント

コンテンポラリーダンス界のカリスマに迫る!オーバード・ホール特別上映会!

オーバード・ホール×ほとり座 特別上映会『ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス』

5月12日に開催した「ダンシング・ベートーヴェン」に続き、「オーバード・ホール」と「ほとり座」とのコラボレーションによる特別上映会が6月3日(土)に開催します。
今回はオーバード・ホール1階のハイビジョンシアターでの上演となります。
各回60席限定となりますので、チケットはお早めにお求めください!

午後の部のみ、上映後にゲストを招いてトークイベント開催します!
富山県出身の舞踊家、中川賢さんが登場し、コンテンポラリーダンスの魅力などについて語ります。
コンテンポラリーダンス界のカリスマの全貌を捉えた圧倒的な映像の数々

イスラエルを代表するコンテンポラリーダンスカンパニーのバットシェバ舞踊団。本作は1990年から芸術監督・振付家を務めるオハッド・ナハリン(1952〜)に8年間に渡って密着取材したドキュメンタリー映画。その人生を振り返る貴重な資料映像と、代表的な公演の記録映像を数多く使用したダンスシーンとで構成される。また、「GAGA(ガガ)」と呼ばれる独自の身体能力開発メソッドを考案し、現代人の身体感覚や直感的な感性を目覚めさせてきたその世界に肉迫。本作を通して「ミスター・ガガ」と呼ばれるナハリンの創作の秘密が明らかに。

「サウス・バイ・サウスウエスト映画祭」観客賞受賞、「ソフィア国際映画祭」最優秀ドキュメンタリー映画賞受賞、「サンパウロ国際映画祭」ドキュメンタリー部門観客賞受賞、「レイキャビク国際映画祭」観客賞受賞
『ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス』公式サイト
午後の部のみ、トークイベントを開催!富山県出身の舞踊家、中川賢(Noism1)が登場!

一部:映画上映
二部:対談 ≪中川賢(Noism1)×田辺和寛(DJ/ほとり座代表)≫
「コンテンポラリーダンスの魅力とは。 Noismで踊り続けること。」

■中川 賢(Satoshi Nakagawa) 舞踊家/Noism1
1983年富山県生まれ。6歳から現代舞踊を和田朝子に師事。関東国際高校演劇科でクラシックバレエを後藤早知子に師事。日本大学芸術学部演劇学科洋舞コースを卒業後、新国立劇場等で、平山素子、中村しんじ、川野眞子らのコンテンポラリーダンス作品に出演。また、帝国劇場等のミュージカルやショー等にも出演。’10 年 1 月より Noism1 所属。
中川さんは7月14日(土)にオーバード・ホールで開催される「劇的舞踊vol.4 Noism×SPAC『ROMEO & JULIETS』」にご出演されます。
舞踊と演劇で描く新たな“ロミオとジュリエット”の物語――こちらも是非ご注目下さい!

【日時】
2018年6月3日(日)
■午前の部10:30開演  ■午後の部13:00開演
※開場は各回開演の30分前
※上映は100分を予定しております。

【会場】
ハイビジョンシアター(オーバード・ホール1階)

【チケット】
一般1,800円 (全席自由・税込)
※未就学児童入場不可
チケット好評発売中!

【プレイガイド】
アスネットカウンター TEL076-445-5511
アスネットオンラインチケット 
ほとり座

【主催】
(公財)富山市民文化事業団、ほとり座

【お問合せ】
(公財)富山市民文化事業団 総務企画課
 TEL:076-445-5610 (平日8:30~17:15)
 http://www.aubade.or.jp/
オーバード・ホール
雄大な立山連峰に抱かれ、自然の恩恵を身近に感じる富山県。オーバード・ホールはその玄関口である富山駅から徒歩2分というアクセス抜群の場所に位置しています。
この記事の投稿メディア
MEDIAメディア
EVENTS イベント
2018.07.20
狂言?芝居?コント? 軽やかで、刺激的で、新感覚の舞台!
狂言?芝居?コント? 軽やかで、刺激的で、新感覚...
EVENTS イベント
2018.06.06
舞踊と演劇で描く、新たな“ロミオとジュリエット”の物語!
舞踊と演劇で描く、新たな“ロミオとジュリエット”...
EVENTS イベント
2018.04.27
世界の頂点を極めた情熱のタップ、再び富山に!
世界の頂点を極めた情熱のタップ、再び富山に!
GENERAL USER一般ユーザからの投稿