2017.11.12
NEWS ニュース

伏木富山港に停泊中の外国船から遺体

射水市の伏木富山港に停泊中の外国船から船員が頭部から血を流して死んでいるのが見つかり、警察と伏木海上保安部では事件と事故の両面で捜査している。

死亡した船員が見つかったのは、射水市の伏木富山港北埠頭に停泊中のトーゴ船籍の貨物船「IMAN号」。11月12日午前8時ごろ港湾関係者から消防に「船内にロシア人男性が顔中血だらけで倒れている」と119番通報があった。消防が駆けつけ船内で倒れている男性を発見したが、すでに死亡していた。

死亡したのはこの貨物船の船員でロシア国籍の男性、37歳のラキティンヴァディム二等航海士で、警察と伏木海上保安部は他の乗組員から事情を聞き、事件と事故の両面で司法解剖して死因などを調べることにしている。

- 富山テレビ放送:2017年11月12日 記事 -

この記事の投稿メディア
MEDIAメディア
NEWS ニュース
2018.01.17
大雪の影響で、高岡古城公園の大木倒れる..
大雪の影響で、高岡古城公園の大木倒れる..
NEWS ニュース
2018.01.17
大相撲初場所、朝乃山4連勝
大相撲初場所、朝乃山4連勝
NEWS ニュース
2018.01.16
富山県内、インフルエンザ流行“注意報レベル”を超えた
富山県内、インフルエンザ流行“注意報レベル”を超えた
GENERAL USER一般ユーザからの投稿