2017.08.10
NEWS ニュース

外来種の毒グモセアカゴケグモが、富山貨物駅のコンテナヤードで見つかる

外来種の毒グモ、セアカゴケグモが富山市の富山貨物駅のコンテナヤードで発見された。

今年2月に初めて発見されたのに続き2例目。県によると今月1日の午前7時頃、富山市下赤江の富山貨物駅コンテナヤードのトイレの中で、作業員が1匹の見慣れないクモを見つけた。連絡を受けた県自然保護課が調べたところ、毒を持つセアカゴケグモのメスと分かった。

発見場所の周辺では他のセアカゴケグモは見つかっておらず、殺虫剤をまいて防除したということ。セアカゴケグモは神経系の障害を起こす毒を持ち、体長約0.7から1センチで全体に光沢のある黒色背面に赤色の縦じまがある。

県内では今年2月に富山市大沢野町地区で発見されて以来2例目となり、県は情報収集を進めると共にホームページで注意を呼び掛けている。

この記事の投稿メディア
MEDIAメディア
NEWS ニュース
2017.10.19
地方の医師不足が問題となる中、臨床研修医73人と過去2番目の多さ
地方の医師不足が問題となる中、臨床研修医73人...
NEWS ニュース
2017.10.19
スマートフォンなどの交流サイトによる犯罪被害が過去最多
スマートフォンなどの交流サイトによる犯罪被害が...
NEWS ニュース
2017.10.18
[富山市]自宅に放火した容疑で51歳男を逮捕
[富山市]自宅に放火した容疑で51歳男を逮捕
GENERAL USER一般ユーザからの投稿